産後ケア「Mama’s room」からのおしらせ

2019 9月

1
  • 休館日
2
  • アロマリラクゼーションボディケア
3
  • アロマリラクゼーションボディケア
4
  • 休館日
5
  • アロマリラクゼーションボディケア
6
  • アロマリラクゼーションボディケア
7
  • 休館日
8
  • 休館日
9
  • アロマリラクゼーションボディケア
10
  • アロマリラクゼーションボディケア
11
  • 休館日
12
13
  • アロマリラクゼーションボディケア
14
  • 休館日
15
  • 休館日
16
  • 休館日
17
  • アロマリラクゼーションボディケア
18
  • 休館日
19
20
  • アロマリラクゼーションボディケア
21
  • 休館日
22
  • 休館日
23
  • 休館日
24
  • アロマリラクゼーションボディケア
25
  • 休館日
26
  • アロマリラクゼーションボディケア
27
  • アロマリラクゼーションボディケア
28
  • 休館日
29
  • 休館日
30
  • アロマリラクゼーションボディケア

9月のアロマリラクゼーションボディケア実施日・休館日

更新

▼ アロマリラクゼーションボディケア実施日 :
2日 / 3日 / 5日 / 6日 / 9日 / 10日 / 13日 / 17日 / 20日 / 24日 / 26日 / 27日 / 30日

▼ 休館日 :
水曜日 / 土曜日 / 日曜日 / 祝日

産後ケア「Mama’s room」のご案内

産後ケア「Mama’s room」

楽しい子育てを応援したい、院長のこんな思いから、いなみ小児科の育児支援は始まりました。病児保育、ひょっこりひろばの開設後、平成29年9月、世田谷区産後ケア事業の委託を受け、産後ケア「Mama’s room」が始まったのです。

お母さんが、休息したり育児の悩みを相談したりすることによって、ゆったりした気持ちで赤ちゃんに向き合えるようお手伝いをしていきたいと考えています。

ゆっくりリラックスした1日を Mama’s room で過ごしましょう。

産後4か月未満の母子を対象に母体ケア、乳児ケア、授乳相談・育児相談などを行います。

いなみ小児科の産後ケアは、いつでもママの味方です!

いつも子育ておつかれさまです。

どんなに楽しみにしていた赤ちゃんとの生活も、はじめは戸惑いがつきものです。昔は、周りにおばあちゃん達や、先輩ママ達がたくさんいて、自然に育児を教わり、助けられてきました。しかし、現代の社会では、少子化や核家族化に伴い、一人で悩んだり、人知れず疲れをため込んでいるママ達が多くなっている、と言われています。

人間はもともと、仲間たちで育児をしてきた生き物です。産後ケア「Mama’s room」に来て、あなたの声を聴かせてください。「これでいいのかな?」「どうしたらいいのかな?」「ちょっと聞いてください」など、何でもどうぞ。

私たちはいつでもあなたの味方です。
私たちと一緒に、あなたらしい育児を、「満足、ほっこり、ちょうどいい」を見つけませんか?


担当者プロフィール

※ 国際認定ラクテーション・コンサルタント(=IBCLC)
科学的根拠に基づいた知識をもとに、お母さんが(母乳量に関わらず)自分らしい母乳育児を楽しめるように寄り添い支援する専門家です。母乳育児に関する国際試験に合格してはじめてIBCLCを名乗ることができます。
詳細については日本ラクテーション・コンサルタント協会のホームページをご覧ください。

よくあるご利用目的

助産師によるケア

  • 眠りたい(赤ちゃんを助産師に預けてお休みいただけます)
  • リラックス・リフレッシュしたい
  • ゆっくり食事がしたい
  • 母乳とミルクの量に不安がある
  • アロママッサージを受けたい
  • 疲労がたまりすぎないように休みたい
  • 育児で困っている事がある
  • 乳房・乳首が痛い
  • 卒乳までのイメージがわかない
  • 尿漏れ体操を知りたい
  • 夫婦の悩みを聞いてほしい

小児科医による診察

  • 赤ちゃんの発達
  • 正常に経過しているかどうか
  • 湿疹などスキンケアについて、処方
  • 授乳中でも安心して飲める内服薬の相談と処方
  • 現在内服中のお薬との飲み合わせを相談したい
  • 予防接種の相談
  • 健康相談(でべそ、向き癖、頭の形など気になることは何でも)
相談中のようす
相談中のようす
診察中のようす
診察中のようす

いなみ小児科の診察室とは別のフロアで診察をさせていただきますので、感染の心配なく、ご安心いただけます。

処方が出る場合のみ、処方料などがかかります。
保険証・乳児医療証があれば、お子様の処方は窓口負担がありません。

お気軽にご相談ください!


オプション(※ 別途料金)

リラクゼーションとして、次のサービスも行っています。

  • ウォーターベッド型マッサージ
  • 専属エステティシャンによるボディケア
  • エステは基本的には火・金曜日のみですが、月・木曜日も可能な日があります(カレンダーをご覧ください)。

1日の過ごし方

時間はすべて目安になります。

10:00 入所・オリエンテーション・体重測定・助産師との相談など
11:00 小児科医による診察
11:30 ~ 12:00 昼食開始
13:00 ~ 17:00 休息やリラクゼーション
  • (退所までにおやつのご用意があります。)
17:00 退所準備
18:00 退所
  • (上のお子様のお迎えやご用事で退所時間が早くなる場合は入所時にお伝えください。)
  • ※ 夕食・沐浴・シャワー浴はありません。ご了承ください。
  • ※ Mama’s room 利用中の外出は原則禁止しています。

ご利用の前に

ご利用条件

下記の全てにあてはまるお母さんと生後4ヶ月未満の赤ちゃんが対象です。

  1. 世田谷区民
  2. 産後4ヶ月未満で体調不良や育児不安等がある
  3. ご家族などから援助が受けられない
  • 入院治療の必要な状態・感染症状のある場合などは利用できません。
  • 健診日は利用できません。
  • 入所中に体調不良となった場合は、医療機関への受診をお勧めします。
  • きょうだい利用はありません。双子までの利用となります。
  • 利用中の面会はお受けしておりません。
  • ご帰宅にタクシーをご利用の場合は、予約しておかれることをお勧めします。
  • 利用規則をお読みの上、お越しください。

ご利用日数

産後ケアセンター桜新町のデイケア利用日数も含め7日間までとなっております。こちらの範囲内でしたら 産後ケア「Mama’s room」のご利用日数に制限はありません(別途ご利用負担金がかかります)。


ご利用負担金 〈医療費控除対象〉

住民税 課税世帯 3,000円
住民税 均等割のみ課税世帯・非課税世帯 1,000円
  • 施設入所時に現金・子育て利用券でお支払いください。
  • 非課税世帯・生活保護世帯には、減免措置があります。詳しくは、お住まいの地域の各子ども家庭支援センターにお問い合わせください。
  • 食事をキャンセルされても利用料金は変わりません。
  • Mama’s room 退所時間は最終午後6時となります。
  • 食事は昼食と午後に軽食がございます。
  • ボディケア料は子育て利用券でもお支払いいただけます。
  • 現金でお支払いいただいた Mama’s room ご利用料は、医療費控除の対象です。

ご利用までの流れ

1. 登録申請(子ども家庭支援センターへ)

事前に登録申請が必要です。

おおむね妊娠8ヶ月(妊娠28週)以降に、お住まいの地域の各総合支所生活支援課子ども家庭支援センターの窓口にて登録申請を行います。
申請には、印鑑(朱肉を使う印)、世田谷区で申告していない非課税世帯の方は、世帯の課税状況を証明するものが必要です。

手続き等について、ご相談やご不明な点がありましたら、お住まいの地域の各総合支所生活支援課子ども家庭支援センターへお問い合わせください。


2. 利用申込(子ども家庭支援センターへ)

ご利用の申し込みは、出産後から生後4ヶ月未満となります。

ご利用希望日の2週間前から利用日前日までの午前10時までに施設を1箇所選択し、お住まいの地域の各総合支所生活支援課子ども家庭支援センターにて受け付けます(窓口または電話でのお申し込み)。


3. 利用決定

利用申込希望日に定員を超える利用申込があった場合は、抽選により利用者を決定します。

結果につきましては、申込日にお住まいの地域の各総合支所生活支援課子ども家庭支援センターより電話またはFAXでご連絡いたします。

初回利用決定後、Mama’s room より確認のお電話をさせていただきます。


4. その他の注意点

  1. 入所時間は午前10時、退所時間は午後6時です。また、準備の都合上10時前の入室はお断りさせていただいております。ご了承ください。
    入所の際は、健康チェック等の手続きがあります。
  2. キャンセルは、利用日の3日前までにご連絡ください。体調不良でやむを得ない場合は、当日の午前10時までにご連絡ください。
  3. 施設内は、禁酒・禁煙です。
  4. 指定された場所以外での食事は禁止しています。

お申込は、お住まいの地域の各子ども家庭支援センターでお受けいたします。

登録申請先 住所 お問い合わせ先
せたがや
子ども家庭支援センター
世田谷総合支所内
世田谷4-22-33
  • 電話
    03-5432-2915
  • FAX
    03-5432-3034
きたざわ
子ども家庭支援センター
北沢タウンホール内
北沢2-8-18
  • 電話
    03-6804-7525
  • FAX
    03-6804-7994
たまがわ
子ども家庭支援センター
玉川総合支所内
等々力3-4-1
  • 電話
    03-3702-1189
  • FAX
    03-3702-1520
きぬた
子ども家庭支援センター
砧総合支所内
成城6-2-1
  • 電話
    03-3482-5271
  • FAX
    03-5490-1139
からすやま
子ども家庭支援センター
烏山総合支所内
南烏山6-22-14
  • 電話
    03-3326-6155
  • 電話
    03-3326-6169
  • 玉川総合支所庁舎改築の為、たまがわ子ども家庭支援センターは平成29年9月19日(火)より仮設庁舎「二子玉川庁舎」(玉川1-20-21)に移転します。

持ち物

  • 健康保険証(母と子)
  • 母子健康手帳
  • 乳児医療証
  • 赤ちゃんの着替え
  • おむつ
  • おしりふき
  • 授乳用品(粉ミルク・母乳パッドなど必要なもの)

★ 夏季設備空調について 上着持参のお願い

院内スリッパでのご移動となります。靴下をご持参ください。
その他お母さんがリラックスでき、授乳しやすい服装でお越しください(持参されれば更衣も可能です)。

  • ※ ピジョンの母乳相談室と母乳実感の哺乳瓶と乳首はご用意があります。
  • ※ Mama’s room には粉ミルクのご用意はありません。必要な方は必ずご持参ください。

施設案内

産後ケア「Mama’s room」ってどんなところ?という方のために、施設の一部を写真でご紹介いたします。ご不明な点がありましたら是非お気軽にお問い合わせください!